□手提げ□
幅 約23,1㎝
奥行き 21,2㎝
高さ(手提げ金具を含まず)37㎝
□重箱□
約20,9㎝四方隅切
高さ 約25,6㎝

江戸時代後期

重箱の表面は真塗りで真っ黒です。
開けると初めて、
四季折々のモチーフが、
琳派の絵画で大胆に描かれています。

蓋裏には、雪を冠した竹。
雪は、錫でしょうか、
銀色の金属の薄い板が張られた金貝細工です。
麦の穂・躑躅・薊・笹が
格段に描かれます。
文様は、底から立ち上がった縁に連続して描かれます。
所々に、銅も金貝細工されています。

上の段が浅く、底に行くほど深くなる、
古い様式の重箱です。

波蒔絵の硯蓋と、
図変わり蒔絵のお盆が5枚。

取り皿にお使いください。

それらを収納する取手付きの外箱が備わっています。
上の段に硯蓋を、
次の段に重ねた盆を納めます。
外箱の取手は銀製です。
金と黒、
2種類の花がランダムに散らされています。

江戸時代の花見弁当には、
徳利が収納されていて、
今は実際には使えず、実は困ります。

この下げ重は、実用的です。

薄い造りで軽いんです。
蓋裏、重箱の桟は三角です。
銀でなく、より白い金属の金貝といい、
桟の形といい、
非常にモダンな感性。

羽織裏に凝った文様をあしらうのと同じ感覚で、
開けないと見えないところ、
この場合は、
料理を食べ進んで空にならないと見えない内側に、
豪華な模様が施されているのが、
抜群です。

所々に小さな傷み、
金属の腐食などはございますが、
悪くないコンデションです。
ご使用・鑑賞に十分耐えます。

仔細は画像でご覧ください。
気になる点は、お気軽にお問い合わせください。

◇お問合せフォーム◇

明治38年の年紀の入った外箱付
ただし、表の蓋が失われています。
華奢な作品に似合わない荒い作りから、
外箱は、オリジナルではなく、後の時代の補作であろうと存じます。

¥220,000
消費税・送料込

◇お問合せフォーム◇
◇営業予定◇

◇facebook◇

琳派蒔絵提げ重




蓋裏

一番下の裏


硯蓋

図変わり膳


膳裏




提げ箱上から

汚れアリ


外箱裏