径 約6,7㎝
高さ 約7㎝

辻石斎
江戸時代後期創業の山中塗・塗師。
二代(1911~1972)が北大路魯山人と仕事をしたことで有名です。
本作品は、
二代に師事した四代石斎(1938~2019)の作品と思われます。

黒漆に黒漆で絵を描く技法を
闇蒔絵とも呼びます。
特に、黒漆に黒漆で桜を描くのを、
「夜桜」
と呼ぶことがあります。
満開の桜と、夜の闇という、明暗二極を一つに表し、
強い印象を与えます。
有名なのは、少庵好夜桜棗。

本作品は、
満開の花を、
ぽってりと盛った漆で描いた桜と、
輪郭のみを線で描いた桜を織り交ぜて散らした意匠です。

と、
ここまでは以前にご紹介した作品とおなじですが、
本作品は、
棗の内側と底裏に銀溜塗りが施され、
蓋の被さる重なりの立ち上がり部分に、
金の波模様に桜が蒔絵されています。

お点前で運び出された真っ黒な棗。
蓋を開けた時に美しい模様が現れたら、
きっとお客様は感嘆されるでしょう。

エレガントなお品です。

わかりやすい《可愛い~》に、
物足りなくなった方にお勧めいたします。

底などに非常に僅かな擦れなどがございます。
塗りものの性質上、
擦れ部分の見やすい画像が撮影できません。
神経質な方は、ご来店の上、実際にお品をお手に取ってご確認ください。

共箱

¥110,000
消費税・送料込

◇お問合せフォーム◇
◇営業予定◇

◇facebook◇

辻石斎作内銀溜夜桜棗