本紙 110,5 ×28㎝
軸装 190 ×41,8㎝
紙本墨画

圓山應擧
(まるやまおうきょ)
享保18年(1733)~寛政7年(1795)
本名は主水。

京都の文化人の紹介や紳士録でもあった
《平安人物志》の絵師ランキングで、
1、応挙
2、若冲
3、大雅
の、堂々1位の人気絵師。
現在でも、高い評価は変わりません。

三井記念美術館ご所蔵の国宝
「雪松図屏風」や
根津美術館ご所蔵の重要文化財
「藤花図」屏風に、
ため息をつかれた方も多いことと思います。

応挙と同じ時代に同じ京都にいた絵師の蕭白は、
「こぎれいな絵が欲しいなら応挙に、本当の絵が欲しいなら自分に頼め」
みたいなことを言ったと、何かで知りましたが、
それが事実かどうかは別として、

応挙の絵は、ただこぎれいな絵などではなく、
本当に上手い。

まずデッサンが素晴らしい。

抜群のデッサン力を根底に、対象の生命力が表現されています。

手前の、鋭く天に向かって伸びる二本の若い枝。
こんなに長いラインを、思い描く姿に一筆で引くには、
よほどの画力が必要です。

梅の樹は、古い幹や枝は黒っぽい皮に被われていて、
その年生え出た枝は緑色ですね。
その美しい緑色が、感じられるのです。
実際は墨一色なのに。

若枝の後ろを横切る古い枝は、
前にある若枝を避けて、不連続な姿で描かれているのにも関わらず、
ちゃんと一本です。
そしてとても強い。
親木の強い生命力から、
若い枝はぴゅーっと伸びたんだな。

リアリティーを持って、
且つ、絵として成立させることは、
とても難しいことです。

ガサガサごつごつした太い幹が、
真ん中から左に傾いていて、
一番下の真ん中の大きな一筆は、
きっと洞(うろ)です。
その上から清々しく伸びる若い枝。
若枝の右側を湾曲するように後ろに重なる花の枝。

老成した姿、
花の盛り、
伸びることだけがすべての若さ。
それぞれの美しい姿が、一枚の画面に表現されています。

さすが応挙。

「應擧の印」白文方印
「仲選」白文方印

大きな折れと僅かな汚れはございますが、
シミはなく、良いコンディションです。

印章のみなので、格安ですが、
もちろん本物保証です。

時代箱

¥150,000
消費税・送料込

◇お問合せフォーム◇
◆お買い物の流れ◆
◇営業予定◇

◇facebook◇

円山応挙筆墨梅図


円山応挙筆墨梅図
折れのきつい部分
円山応挙筆墨梅図

 
目立つ汚れ部分
他は全体画像をご確認ください

 
箱がやや大きいです