径 約8,6㎝
高さ 約5,5㎝
江戸時代

秋草が全体を覆うように描かれています。

よく見ると、
蒔絵は四層に重ねて施されています。

野菊・萩・女郎花の茎と葉、藤袴・桔梗が、
右回りに、少しトーンを落とした金蒔絵でぐるりと側面を蓋向かって描かれています。
この一層目の蒔絵は写実的です。
その上から、銀でススキの穂が一層目とは脈絡なく、
器体全体に、散らす様に描かれます。

三層目は、ススキ。
細い細い葉が棗の器体を覆い尽くしています。
このススキの葉の金は明るく、
一層目の秋草たちはは、影絵のような効果です。

最後に、
菊と女郎花の花部分が梨地で蒔絵され、
金で仔細を表します。

一度絵を蒔絵して完成ではなく、
絵画的な絵付けとデザイン性の高い文様を何度も重ねた、
平蒔絵でありながら、奥行きのある手の込んだ作品です。

もともと非常に薄い成型の上に、
時代を経て水分がなくなり、大きさの割に軽い手取り感です。

蒔絵部分に1㎜径の小疵、
底に経年による擦れがございます。
内側は落ち着いたトーンの金泥です。
塗り直しの可能性と汚れ部分がございます。
画像でご確認ください。

時代箱・時代裂付
¥55000
消費税・送料込

◇お問合せフォーム◇
◆お買い物の流れ◆
◇営業予定◇

◇facebook◇

時代秋草蒔絵平棗


  
スマホカメラの性質上、カメラに近い部分が大きく写っています。
実際の形は一番下の画像をご参照ください。
 


小疵部分
 
底/ 擦れ

 
内側の汚れ/ 蓋裏
  
時代包布表裏

 
四方桟蓋/ 箱裏

実際の形に近い画像