径12,5㎝
蓋をした時の高さ 約9㎝
身の高さ 約6㎝
江戸後期~明治時代

とても堅く塗られた黒漆に
朱だけで描かれた蝶。

吉野椀に近いテイストです。
輪郭線を塗り残すことでべったりと描かれた蝶と
黒い地を生かして朱線で描かれた蝶が乱れ飛びます。
素朴でありながら、かっこイイ!

朱の色は
朱色というよりは赤に近く、
私のpcでは横からの画像が実物に近いです。

内側は真っ黒で
少し焼けています。
ごく小さなアタリのある個体もございますが
この時代の漆はとても上質です。
ご使用に問題はないと思われます。

オリジナル箱(10客用)付

5客 ¥60,000
消費税・送料別
▶お問合せフォーム