寺崎廣業
慶應2年(1866)~大正8年(1919)

東京藝術大学美術館に
廣業が明治29年(1896)に描いた
「悉達多語天使」が所蔵されています。
物品番号396。
東京藝術大学美術館収蔵品データベースでご覧いただけます。

これは、その下絵にみえます。
大きさも、芸大美術館ご所蔵作品は
158,8 ×83,6㎝
本作品は
158 ×79㎝
とかなり近いです。

ただ、私は寺崎廣業の真筆を見ていませんし
下絵ゆえに落款もなく断言はできません。
廣業は当時とても人気があったそうで、
贋物も多いのです。

参考作品としてご紹介させていただきます。
紙本・墨・朱墨筆

本物の下絵だったら興味深い作品です。

以前に、村上華岳の下絵を拝見したことがありますが
この作品と同様に
描き直す部分には、紙の上からまた紙を貼って
下絵を仕上げていった跡がありました。

 

巻き止め