身長約8cm
木彫・錫

江戸幕府の将軍が変わるたびに、
朝鮮王朝からお祝いにやってきてくれた朝鮮通信使。
正使・副使・従事官の官職の他に
画員や楽団を引き連れた総勢4~500人もの
大使節団!

朝鮮の首都漢城を出発し、
釜山から対馬へ。
そこから対馬藩が同行し→瀬戸内海を船で大阪まで移動し
淀川を登って京都に入り
京都からは陸路で江戸まで行列したのです。
各地の大名は、
威信をかけて大宴会で使節団をもてなしました。

どんなに盛大な行列だったかは
資料や屏風の絵として残されています。
迎える側の日本人たちにとっても
大変なお祭り騒ぎだったんですね。
各地に今もお祭りが伝わっています。

この根付けの人物は
明らかに渡来人です。

帽子と手に持ったラッパとブーツを履いている姿は
朝鮮通信使の楽団員。

巻き毛の髭や外套は南蛮人。

色んな文化が混ぜこぜの姿。

朝鮮通信使は日本中で大人気だったため
通信使を直接見ていない地方にも
関連グッズがあるんです。
これは、北陸で見つけたお品。
朝鮮通信使は通らなかった地方です。

高麗美術館の鄭先生も
「これは、朝鮮通信使ですね」と、おっしゃっています。

それにしても
満面の笑顔
ちょっと、人を喰ったような表情にも見えます。

帽子や上着の模様が細かく彫り込まれた細工。
ボタン部分は真鍮か錫が嵌め込まれています。
珍品です。

自立しません。
銘ナシ

価格はお問合せください。

お問合せは→こちらをクリック