本紙 116 ×28,5㎝
軸装 191 ×30,8㎝
紙本

益田鈍翁
嘉永元年(1848)~昭和13年(1938)
本名・孝
佐渡の幕臣の家に生まれ、聡明慧敏な頭脳、人柄で、
三井物産を設立し、繁栄させた三井財閥のトップリーダー。
ご維新後の日本を近代化に導いた経済界の巨星の一人です。
同時に、
日本の古美術、とりわけ最高峰の仏教美術を
茶の湯に取り入れた大茶人です。

2019年に京都国立博物館で特別展の行われた
「佐竹本三十六歌仙」
巻子(かんす)から断簡へ切り分けた方としても有名ですね。

江戸幕府から明治政府へと世の中が激変し、
それまでお茶の庇護者であった各地の殿様達に代わって、
新たに支配階級に君臨した振興経済人達が
お茶の庇護者となりました。
その中心、
太陽が鈍翁さんです。

当時、お茶は政治経済のトップリーダー達の、
最高の社交の場であり、
愉しみであったんです。

この書は、

「竹霰」

竹の葉にあられふるなり
さらさらに
独りは寝べき心地こそせね
□ 和泉式部 □

いとしい人を思って寝むれない夜、
霰が降って、竹の葉がさらさら音を立て、
更にさらに眠れません

鈍翁さんの書いた「竹」の字は、
とっても珍しい書体です。

この書には、
藤原銀次郎夫人が書いた手紙が附いており、
「お祝いのしるしに益田孝氏筆竹霰の一行を」
と書かれていて、
その文字が「竹」とわかります。

藤原銀次郎(1869~1960)は、
三井財閥で鈍翁さんの元で働いていらしたので、
書をいただいていたのでしょう。

鈍翁さんにも、
眠れぬ夜を過ごすほど、胸に秘めた人があったのでしょうか。

それとも、
それは、欲しくて堪らない茶道具か掛物であったのでしょうか。

私は、モノであれ、人であれ、
その対象への情熱の量は、同じだと思っています。

うなるほどお金もあった、
国宝も持ってた、
地位も名誉もあった鈍翁さんの胸の中に、

想い人があったとしたら。

この「竹」の最後の一画の長さに、
鈍翁さんの想いの強さが現れています。

オリジナルの箱は蓋が失われていたため、
現在、蓋を作ってもらっています。

¥385,000
消費税・送料込

◇お問合せフォーム◇

◇営業予定◇

益田鈍翁筆

一文字竹屋町