長 21,3㎝
兜巾櫂先・丸撓
本樋・無樋
直腰・節止
四刀
筒長 26㎝
箱長 29,2㎝

黒田辰秋
明治37年(1904)~昭和57年(1982)
京都生

漆芸家・木工家
河井寛次郎、柳宗悦ら民芸運動に参加。
人間国宝

他で見たことのない大振りな茶杓。
さすが黒田辰秋です。
大胆な形ですが、
細部は繊細に削られています。
櫂先裏、中心線から斜めに削られたフォルムの美しいこと!

裏側の追取部分、
中央部分には、竹の内側の薄皮が残り、
この茶杓が
厚い竹から削り出されたのではなく、
この薄さの竹から、
絶妙に削られて作られたことがわかります。

筒も長い!

詰蓋との〆印は「辰」の焼き印。
接合部分、筒の上部に
僅かにヒビが入りかけています。
画像でご確認ください。

共箱
「茶杓 辰秋造」朱印

箱の蓋表
「杓」の文字の右側に凹みがございます。
共布

京都、四条通りの東の端
八坂神社にほど近い老舗菓子店《鍵善良房》さんの棚は、
黒田辰秋さんの作品です。

価格はお問合せください
◇お問合せフォーム◇

 

黒田辰秋

裏側

中心部、ヒビが入りかけています

削り部分に朱色が見えます。下図でしょうか?

辰秋の筆