径 約6,8㎝
高さ 約3,3㎝
江戸時代

艶やかな表面。
非常に繊細に削られ成型されています。
蓋表は、
両サイドを少しだけ彫り下げることによってできた、
1/2㎜にも満たない稜線が円を描き、
その稜線は、
朱漆が摩耗して下の黒漆が現れています。

根来は人気が高く、
朱漆をわざと削って下の黒漆を見せ、
「それっぽく見せ」たお品がほとんどですが、
本来、
使ううちに手に触る部分の下地の黒が〈自然に〉現れた姿が、
根来の味わいです。

合口部分の、
ごくごく僅かな端反りも、素晴らしいフォルムのお品です。

合わせ箱

¥100,000
消費税別・送料込

◇お問合せフォーム◇

◇営業予定◇

裏面

内側