紙本墨画
本紙 115,5× 27㎝
軸装 194× 41,2㎝

池大雅
享保8年(1723)~安永5年(1776)
諱/橆名・勤
字/貨成・公敏
号/大雅堂・三岳道者・霞樵 他
京都に生まれ活躍した、絵師で書家、文人。
当時、応挙・若冲に並ぶ人気アーティスト。

強い風を受けてざわざわと揺れる二本の竹。
葉っぱが飛ばされていく動きが見事に表現され
見る者の心までざわつかせます。

葉が「#」型に表されているのには
意味があるのでしょう。
今後の研究課題です。

重要文化財「柳下童子図屏風」
(京都府蔵・池大雅美術館寄贈)
の柳の葉は、
この図の竹の葉と同じように交差して描かれています。
大雅さんが、この描き方にこだわっていたことは確かなようです。

「竹?」
他に見たことのない款記です。
竹の下の文字は「居」の古い字体。
「竹居」は大雅さんが20歳代で使っていた号の一つ。
「玉皇香案吏」朱文方印は27歳で使われたことが確認できています。
それらから、20歳代後半の作品と考えられます。

「玉皇香案吏」朱文方印

本紙折れがあります
本紙や表具に僅かな汚れがございます。
真筆保証
箱無し

当作品と大変似た筆致の池大雅作品が
「水墨美術体系/第12巻 大雅・蕪村」に掲載されていることが
確認できました。
《風篁簫瑟図》(P182 参考図版№8)

¥250,000
消費税・送料別
▶お問合せフォーム