蓋を含む上径 約6㎝
底径 約3,7㎝
高さ 約8,5㎝
江戸時代

コップのような細長い形の本体に、
甲盛の蓋が乗ります。

蓋には、螺鈿で、
梅が一枝象嵌されています。

差し込み式で、
手がかりに黒柿を使った手の込んだ箱の蓋に
「梅露な徒(つ)免(め)」
と墨書きされていることから、

棗の形が現在の形、印籠蓋に定義される
明治以前のお品とわかります。

墨書きの通り、
白っぽい貝による梅の表現は、
白い露を被った梅のようです。

センスの良いネーミングです。

写実的に表現された蓋表の梅と対照的に、
二本の罫線の中に丸が並んだ
幾何学模様の螺鈿の茶器本体。

非常に洒落たデザインです。

螺鈿に一部剥落と、
朱漆が「浮いて」きた箇所がございます。
画像でご確認ください。

内側は溜塗です。
塗り直っている可能性がございます。

大津袋付
共箱

¥55,000
消費税・送料込

◇お問合せフォーム◇

◇営業予定◇

◇facebook◇

梅露螺鈿朱薄茶器

螺鈿剥落と朱漆が浮き始めた部分

螺鈿剥落部分

内側

蓋裏

梅露螺鈿朱茶器